京都駅のクリスマスツリーを見に行った思い出。京都の冬を甘くみてはいけなかった…

あなたは、京都駅のクリスマスツリーを見に行ったことはある?

(2014年11月19日現在、ツリーは、すでにあるようす。

12月25日までらしい。)

 

わたしは、2012年の12月某日の夜20時頃、一人で見に行った。

セントジョーンズワート(ハーブ)のあったかいお茶をつめた水筒と、

座布団(ざぶとん)がわりにする雑誌と、

スケッチブックと鉛筆を持って。

写生大会が好きだった子や!

 

京都駅の、京都タワーが見える改札口を背にして左手の、

大階段を登って行くと、京都駅が誇るクリスマスツリーがあった。

 

私の計画では、

クリスマスツリーの

一人写生大会をやりとげる、はずだった。

 

めっちゃ厚着してきたし、

あったかいお茶もあるし、

人が映り込むことの無い写真のような絵を、颯爽と描いて、

京都駅を後にする、はずだった。

 

しかし。

12月の京都の寒さを、侮ってはいけなかった。

 

わたしは、大階段の、人が少なそうで、風が少なそうな端に、

雑誌を置いて、その上に座った。

 

そして、

手袋を脱いで、

スケッチブックを開いて、鉛筆を持って、

写生を始めた5分後…

 

手が動かない?

 

そう。その寒さは、予想を遥かに超えていた。

 

わたしは、ホッカイロを忘れたことを悔やんだ。

しかも、12月に外にいるとき、

手袋を欠かしたことがなかったわたしの手は、

すでに凍っていた。

 

京都駅のクリスマスツリーと、大階段は、一応、

屋根のあるところにあるから、雨や雪は避けられる。

 

でも、それ以外は、外と同じ。

屋根はあるけど、改札口からは京都タワーが見える、つまり、

外との仕切りやドアは無く、風も冷気も、どんどん入ってくる。

 

わたしは、ほとんど動かない手で水筒をあけて、

あったかいお茶を飲んだ。

でも、おなかはあったまったけど、

指先は凍ったまま。

 

今から手袋をして鉛筆を持とう、

ということで、手袋をはめたけど、

手に温度は戻らなかった。

 

そして、大階段の冷たさは、やってきた。

厚い雑誌をの上に乗っている、

冷たくなるはずの無いわたしのおしりへ。

 

肛門が痛い…

 

大痔主のわたしは、おしりへの冷気によって、

痔の活性化というおみやげを持たされてしまうことになった。

 

しかも階段は、一段一段が小さく、

大人が座ったら、体育座りに近い形になる。

この姿勢も、痔の大敵。

 

凍った手と、活性化した痔をかかえて、

スケッチブックは、ほとんど白紙のまま、

わたしは、クリスマスツリーの前から、早々に去ることになった。

 

たぶん、滞在時間は30分に満たなかったと思う。

 

でも、私より先に大階段に(雑誌を置かず、直接に見えた)

座っていて、

私が帰るときもまだ座っていた人もいた。

彼・彼女らがツワモノなのか、わたしが軟弱すぎるのか…。

 

いや、そもそも、

単独の私とは違う、友達連れやカップル達には、

冷気の魔の手も近づけないのか…?

 

はたまた、

直接大階段に座っていると見せかけて、

実は、

おしりと大階段の間に、

薄いホッカイロを置いていたのか?

それか、おしりに直接、はるホッカイロを貼って、

その上に服を着て、絶対にばれないように防寒していたとか…?

 

ちなみに、

単独でカメラを持ってクリスマスツリーを撮影してる人もいた。

その手を見ると、手袋はしていなかった。

しかしわたしは写真撮影ではなく、写生がしたかったんだ…。

 

京都駅のクリスマスツリー写生 on 大階段は

寒すぎて、

わたしには実行不可能と、わかったことが、成果や!

 

もうちょっと早い時間なら、伊勢丹が開いていて、

大階段から、すぐ入れたから、

寒さから一時避難できたかもしれん。

一時避難じゃだめか。

 

京都駅のクリスマスツリーとのかかわりは、

伊勢丹で夕食を食べた後、

大階段横のエスカレータから、

ツリーを見ながら帰る、くらいにとどめておくのがいいのかも。

 

京都駅で夕食と言えば、

もしカップルが、デートで行くんだったら、

ザ・キッチン・サルバトーレ・クオモとかになるのかな?

わたしは2010年頃、一人で行ったけど。

当時は、店員さんたちが、

ニックネームみたいやつ(ジョニーとか)

で呼び合っていて、なかなかやるな!と思ったことと、

マルゲリータがおいしかったことは覚えてる。

 

あと、京都駅でトンカツを食べる時は、わたしは、

「和幸(わこう)」に行ってた。

よく、一人で。

最後に行ったのは、たぶん2012年の12月。

同期の3人とか、後輩と2人とかで、行ったこともある。

 

和幸が良かった一番の理由は、2012年当時やけど

米が、へんな臭いがしなかったから。

あと、ごはんと、キャベツと、

しじみかな?貝のみそ汁がおかわり自由だったから。

最高で、みそ汁を3回、キャベツを3回、おかわりした。

 

あなたも、もし、

クリスマスツリー鑑賞前、または、鑑賞後、

京都駅での夕食に迷ったら、

選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

そう、クリスマスツリーとのかかわりは、これくらいがいいんだ、きっと。

 

でも、もしあなたが、

強靭な耐寒能力を備えた肉体を持っているなら、

一人写生大会 on 大階段 at 夜20時

でさえも、簡単にクリアできるかも。

 

追伸:

ちなみに、2014年12月ごろ、見に行ったら、

 

しっかりありました。

エスカレータで登っていって、

ツリーの背後から見た様子:

2014-12-13 14.05.16

 

ただの…木や!

でも、

階段側正面から見た様子:

 

2014-12-13 14.07.23

 

クリスマスツリーや!

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください