忘れたいことを忘れる方法。書いて忘れるやつをやってみた!

あなたは、なにかを忘れたいとき、どうしますか?

 

わたしは、忘れたいこといっぱいある子。

 

最近知った、忘れたいことを忘れる方法で、こんなのがあったよ。

 

忘れたいことを忘れる方法:

「全部書き出して、

体験・ストーリー的な部分を、意味・事実の客観表現に変換して、

対策を書く」というもの。

 

わたしは、いっぱいあるけど、とりあえず、

実際に体験した次の2つの忘れたい案件に適用してみる。

 

でも、上記のやり方を読んで、すでにやり方がわかった人は、

以下は読まなくていいかも、です。

 

【案件1】

わたしが16歳の頃、

好きな人(A君)の親族の、

あるデブで気持ち悪い26歳の人(Bさん)から、嫌なことを強要されたこと。

 

A君は、わたしに「交際しよう」と言ったわけじゃないけど、

二人で何度か会った。

そのときはいつも、A君はわたしを抱きしめた。

そして、ある日、ちゅうをされた。

 

わたしは、全然嫌じゃなくて、嬉しかった。

 

でも、そのうち、A君は会ってくれなくなって、

電話にも出てくれなくなった。

 

わたしは、A君のきもちが、

わたしから離れていくのを感じていた。

 

でも、A君は、わたしに「もう会うのをやめよう」とかって、

何も言わないままだった。

 

そんな頃、Bさんが、A君に会わせてあげる、と連絡してきて、

それで、Bさんの車で、A君に会いにいって、

A君から、「もう会わない」と言われた。

 

そのあと、Bさんとわたし二人になって、

Bさんは、車の中で、無理やりわたしを押さえつけた。

そして、私の心と体を、無理矢理、汚した。

 

わたしは、家に帰って、すぐシャワーに入って、

口の中までせっけんで洗った。

 

A君が、そのことを知ったのは、

それから10年後だった。

(でももしかして、当時、気づいていたかもしれないという考えは、

ここでは無視する。)

 

高校の同級生240人の中で、

たったひとりだけ、わたしの連絡先を知ってる男の子(C君)がいたんやけど、

A君は、別の友達を通して、C君から、わたしのメアドを得たらしい。

C君は、わたしに、めっちゃ謝ってくれて、

そして、C君は、私のメアドをA君に教えてしまった友達を、

徹底的に怒ってくれたらしい。

 

なにか理由があるのかと思って、電話で話すのに応じたけど、

連絡してきた理由は特にない、とのこと。

嘘か本当かわからないけど、

飲み会で、わたしが話題にあがったから、らしい。

 

A君には彼女がいて、わたしの下の名前は、うろ覚えだった。

A君は、10年前、わたしに

「整形した方が良いよ」とか言ったことも、忘れてた。

 

わたしは、A君に、10年前、Bさんにされたことを言った。

そのあと、 わたしは、A君に、もう連絡しないでと言ってから、

履歴をきれいに消した。

 

***

という具合で、書き出してみた。

 

ここで、この【案件1】について、

意味、事実の客観表現に変換すると…

 

16歳のA君に、16歳のわたしがもてあそばれた。

その際わたしは、密室で、Bさんから嫌なことをむりやりされた。

 

18歳未満の人(わたし)に、18歳以上の人(Bさん)が、

そういうことをすると、法律で罰せられる。

でも、

私の地元の決まりでのそういう被害の時効は10年(後に分かった)。

 

10年後、A君から偶然連絡があったついでに、

わたしがBさんから受けた嫌なことを、A君に報告した。

現在A君には彼女がいて、わたしへの恋愛感情は無い。

(夢中になれる彼女かどうかは、わからない。

夢中になれるなら、昔関わった女子に連絡なんてしないのでは?

と思う。という疑問はここでは無視する。)

 

***

ということで、事実の客観表現でした。

 

次に、対策(今後にどういかすか):

・連絡がとれなくなった人には、

「関係を断とう宣言」がなくても、もう会おうとしない。

・好きな人以外とは、密室で二人にならない。

 

***

こんな感じで、忘れたいことを忘れる方法の、【案件1】への適用でした。

なんかちょっとすっきりしたような気がする。

 

 

つづいて、同じように、例題2、じゃなくて【案件2】に適用してみる。

【案件2】

わたしが19歳の頃、全然好きじゃない、バイト先の23歳の人(Dさん)から、

嫌なことをされたこと。

 

年末の頃、バイト先で知り合った、Dさんから、

年越しに、夜景を見に行こう、と誘われて、

面白そうだから行くことにした。

 

そして、彼女になって下さい、と言われた。

 

わたしは、

「彼女というのが、

まだ、はっきり、どういうものか知らないし、

そういうことには今は興味がないです」

と言ったら、

 

密室に連れて行かれた。

 

わたしは、そのあと、

わたしの顔もからだも、全部、そっくり新品に交換したいと思った。

 

わたしは、好きじゃない人から、そういうことをされるのは、

とても気分が悪いことだと、知っていた。

 

でも、好きじゃないけど、Dさんはわたしを好きと言ってくれるし、

これが交際ということかなあ、と思って、

わたしはしばらく、言われる通りにしていた。

 

でも、あるとき、Dさんと会おうとすると吐きそうになることに気づいて、

もう会いたくない、と伝えた。

そのあと電話番号をかえたけど、

たぶん、電話会社の電話番号変更案内サービス的なやつの影響で、

Dさんから一度電話がかかってきた。

Dさんは、

なにか理解できないことを口走っていた。

すぐ切った。

 

***

という具合で、書き出してみた。

 

ここで、この【案件2】について、

意味、事実の客観表現に変換すると…

 

好きではない人から、

繰り返し、気が進まないことを強要された。

その結果、吐き気が襲ってきたので、

関係を中止するよう申し入れをし、受理された。

***

ということで、事実の客観表現でした。

 

次に、対策(今後にどういかすか):

・交際の申込は、

相手がわたしを好きでも、わたしが相手を好きじゃないなら、はっきり断る。

 

***

こんな感じで、忘れたいことを忘れる方法の、【案件2】への適用。

 

案件1、2を通して、

なんかちょっと頭の中を整理できた気がする。

 

まとめ:

忘れたいことを忘れる方法:

「全部書き出して、

体験・ストーリー的な部分を、意味・事実の客観表現に変換して、

対策を書く」

 

ちなみに

わたしが得られた今後の対策たち3つ

 

①連絡がとれなくなった人には、

「関係を断とう宣言」がなくても、もう会おうとしない。

 

②好きな人以外とは、密室で二人にならない。

 

③交際の申込は、

相手がわたしを好きでも、わたしが相手を好きじゃないなら、はっきり断る。

 

忘れたいことを忘れる方法、

よければあなたもやってみてね。

わたしは、書いているとき、

のどの奥からなにか固形物がでてきそうな、嫌な気分になったけど、

最終的に、やる前よりはすっきりしたよ!

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す