東京芸術大学の卒業・修了作品展に行ったあと、翌年の受験をやめることにした理由

あなたは、東京芸術大学の卒業・修了作品展に行ったことはありますか?

 

わたしは、2013年1月、東京芸術大学の卒業・修了作品展に行ってきた。

東京の上野まで、はるばる、新幹線に乗って。

時速270kmの子や!

なぜ行ったかというと、そこはわたしが絵を描ける場所か、判断したかったから。

 

注意点:

ここで書くことのもとになっている情報は、

「東京芸術大学・大学院が、公式に発表した情報」では無い。

 

ただ、時速270kmの子が、

東京芸術大学の卒業・修了作品展に行ったときに認識したことのなかで、

少なくとも、わたし自身において絵を描ける場所ではないと、

進路を改めるに至った原因と捉えたこと、について書く。

 

ちなみに、時速270kmの子は、芸術の専門家とかではない。

ただの、絵を描くのが好きな子。

 

東京芸術大学の卒業・修了作品展のために、

金曜の夜から東京入りして、

土日泊まりがけで、2日間、見物してまわろうと計画したけど、

日曜は、行く必要がなかった。

 

土曜のうちに、判断できてしまったから。

 

わたしは、翌年の、東京芸術大学の受験を考えていた。

でも、受験は、やめることにした。

 

東京芸術大学が、わたしが絵を描ける場所ではないと判断した理由:

 

①必ずしも全員に、作業用の個室が用意されるわけではない、らしいこと。

(2013年01月26日現在の予想。)

 

②わたしが、芸術の創作に必要だと考える、

テクノロジーの基礎となるような授業が、おそらく無いこと。

(2013年01月26日現在の予想。)

 

③卒業・修了作品展の作品を見るのに、わたしは耐えられなかったこと。

 

 

「①東京芸術大学では、

必ずしも全員に、作業用の個室が用意されるわけではない、らしいこと。

(2013年01月26日現在の予想。)」

について:

 

わたしは、鍵付きの個室でないと、絵が描けない。

パーテションで区切られている個人スペースじゃ、描けない。

鍵付きの個室以外は、

絵を描いているときの自分の顔を、誰かに見られる可能性があるから。

その顔を、見られていたら、やっぱり描けない。

 

それに、集中して絵を描くときは、わたしは夏でも寒くて震えるから、

エアコンの希望の設定温度が、他の人と違うかもしれないから。

 

(わたしは絵を描くとき、

例えば夏、体の周りの気温は高いのに、体の内側から寒気がして、

暗くて寒い場所に来たような気分になる。

もっと暗くて、もっと寒い場所まで、たぶん行くには行けるんだろうけど、

 

あんまり行ってしまうと、

もといた、暑い夏があった世界には、2度と戻れなくなるような、

なんとも怖い気分になる。)

 

 

「②わたしが、芸術の創作に必要だと考える、

テクノロジーの基礎となるような授業が、おそらく無いこと。

(2013年01月26日現在の予想。)」

について:

 

芸術の創作に必要だと考える、テクノロジーの基礎とわたしが思う科目として、

たとえば

基礎解析、離散数学、線形代数、電気回路、電磁気学、

論理設計、パターン認識、情報理論などを挙げる。

 

わたしは、テクノロジーを理解でき、

「意図した表現が実現できるテクノロジー」を作り出せる力は、そのまま、

「芸術を創作する力の基礎」だ、と思ってる。

 

テクノロジーの設計ができることは、

自分自身が意図した表現ができるということ、

つまり、

芸術の創作ができること、を意味する。

 

「テクノロジーを作った人によって意図された、

テクノロジーを作ったその人の表現を、

その人に代わり表現させられている人」を、わたしは、芸術家とは思わない。

 

芸術は、いつも、新しいテクノロジーを使った表現を必要とする。

そして、そのテクノロジーは、

「意図したことを表現したい人自身」が設計、作成した場合のみ、

意図した表現が可能といえる、「表現に必要なテクノロジー」となり、

その結果なされた表現だけを、芸術と、わたしは呼ぶ。

 

 

「③卒業・修了作品展の作品を見るのに、わたしは耐えられなかったこと。」

について:

東京芸術大学の卒業・修了作品展で展示されている作品は、どれも、

わたしから元気を奪った。

わたしは、わたしから元気を奪うものを作りたくないと思った。

 

 

以上の文章では、

わたしが、東京芸術大学の、翌年の受験をやめた理由を書いた。

 

また、わたしは、東京芸術大学は日本国内の芸術大学の中では、

一番偏差値が高い、難関大学だという認識も持っていた。

(2013年1月26日現在の認識。)

 

東京芸術大学が、卒業・修了作品展というかたちで、

情報を公開してくれていたおかげで、

わたしは、わたし自身の理解が進んだ。

 

東京芸術大学の卒業・修了作品展に関わられた全ての方への感謝をもって、

わたしは東京を後にした。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す