東尋坊へ行ってきた!自殺しに行く人へのソフトクリームのすすめ!

あなたは、福井県の東尋坊(とうじんぼう)に行ったことはありますか?

 

わたしは、2014年5月に、初めて行った。

家族に、車で乗せていってもらった。(定位置助手席の子や!)

自殺目的(*東尋坊は自殺場所でも知られている)で無く、観光で行った。

 

でも、わたしは、もっと昔の2010年頃、

自殺目的で、一人でこの東尋坊に向かおうとしたことがある。

しかしそのときは、

東尋坊の最寄り駅、芦原温泉駅(あわらおんせんえき)で下車することも出来ず、

自殺はできなかったのだけれど…。

 

以下では、

今回、実際に行ってみた感想と、

 

自殺目的で行く人へ、

「空の下でソフトクリームを食べる」ことをすすめる理由を書く。

 

(ソフトクリームを買うときは、売店が閉まっているかもしれないので、

昼間に行くのが良いかも。)

 

(*ちなみに、自殺目的で無い人は、

空の下でソフトクリームを食べないで下さい!)

 

2014年5月の昼下がり、車で東尋坊に着いた。

 

この東尋坊が自殺場所として知られることを裏付けるかのように、

売店前の駐車場から海に向かって歩いていく途中、右手に、

電話ボックスがあった。

(ちなみに左手にはトイレがあった。)

 

この電話は、「命の電話」というらしい。

2014-05-06 02.54.55

えええ!人が入ってる!

 

そう、人が電話していました。

 

…ちらっとしか見なかったけど、

受話器を持っていたのは、

わたしからみて、ごくふつうの、おじさまだった。

それで、この電話は、たぶん、自殺とか関係なく、

ふつうの公衆電話としても使われているのかも?

と思った。

 

そこからしばらくいくと、

2014-05-06 03.21.45

一つ250円のソフトクリームを売っているお店があったので、

買おうとしたら、店員さんがいない。

と思ったら、奥から店員さんらしきおじさんが出てきて、せっけんで手を洗って、

作ってくれた。2個買ったら、5000万円と言われた。

 

…この時点では印象は悪くない店員おじさんでした。

 

500円を払って、歩きながら食べることに。

海のほうに向かって歩いて、階段を下りたような頃、事件は起きた。

2014-05-06 03.35.11

わたしの家族が持っていた、食べかけのソフトクリームのクリーム部分を、

とんびかな?大きい鳥が、くちばしか足でさらって行った!!

 

すごい早さで、一瞬、何が起きたのかわからなかった!

 

鳥が去った後、持っていたコーン部分に残っていたクリームを見ると、

黄緑色がついていた。抹茶アイスの色みたいだった。

(わたしたちのまえの犠牲者のものだったのかも。)

 

呆然としていたのも束の間、鳥の襲来は終わらなかった。

2014-05-06 03.43.02

わたしたちの頭上に、2羽ほど大きい鳥が飛んできていて、

走って逃げても、追いかけてきた!

 

めっちゃ怖くて、

まわりにひとがいっぱい居たけど、

叫びながら、そのちかくにあった売店

(屋根があって、浜茶屋のような祭りの出店のような形式で、

食べ物が売られている売店)に

逃げ込んで、助かった。

 

そこには、屋根の下でゆったりとアイスを食べている人たちが居ました…。

 

この時点で、わたしのなかでの、あの店員おじさんの印象は地に落ちた。

「屋外でアイスを食べてたら、鳥に襲われること絶対予測できたはずだ!!!」

ほんとに、ものの5分で襲われた。

ちなみに、私たちの他には、歩きながらアイスを食べている人は居なかった。

 

店員おじさんは、お店のいちばん目立つところに張り紙をすべきだと思った。

「歩きながらアイスを食べると、鳥にほぼ襲われます」と。

 

鳥の襲来、ほんとに怖くて、身の危険を感じた。

心臓のドキドキが、ずっと消えなかった。

 

これが、

自殺しに行く人に「空の下でソフトクリームを食べる」

ことをすすめる理由。

(ソフトクリームが買えて、鳥から見つけやすいよう、

明るいうちに行くことをオススメ。)

 

ちなみに、空の下ソフトクリーム作戦では、ゴーグルは必須。

鳥に目をつつかれたら重傷になりそうで危ないから。

 

自殺は、少なくとも、

襲ってくる鳥から逃げないでいられるくらいの、

勇気がないと出来ないと思う。

 

この怖さは、一回襲われてみないと分からない。

屋根の下に入ったとき、ほんとにホッとした。

 

自殺したい、ということは、

鳥に襲われることよりこわいことをしたい、ということだ。

 

鳥から逃げ切っただけで、

生きていてよかったなあ、までいかないかもしれない。

 

でも、東尋坊での自殺を計画している人は、

そのまえに、鳥に襲われてみてはいかがでしょうか。

 

自殺したい人が、鳥に襲われて死んでも、

わたしは責任は取れませんが、

どっちみち死ぬなら、

ゴーグル等、完全装備で、自殺の前にでも試す価値はあるのではないでしょうか。

 

それで気持ちが変わる可能性はゼロではないはず。

 

…観光目的で行く人がソフトクリームを食べるときは、

屋根の下で食べることを、強く強くおすすめします。

 

鳥の襲来のあと、

東尋坊の断崖絶壁にあるマンホールの上から、

はいつくばるようにして、下を見下ろして、

十分に縮み上がってから、帰路につきました。

2014-05-06 04.22.48

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください