ダイエットするときは食事場所の気温を高くしよう、と思った理由。

ここで書く、
温度による食欲コントロール法を、
ここを読んでくださる方が参考にされるか否かの資料として、
先に、食欲と体型に関するわたしの特徴を述べる。
その後、
「あったかい場所で食べる」という温度管理が、
(やせるほうの)ダイエットに及ぼす影響、
について想像したことを書く。

(* わたしは医者では無く、

ここで書く内容は、科学的裏付けを取ったものではありません。
ただの体験談です。
ですので、
せっかく参考にして下さった場合でも、
効果の保証は、ありません。)

 

わたしは、食欲にムラがある(誰しも持つムラかも…)。
とても小食なときもあるし、
とても大食いになるときも、ある。
以前、社員食堂で、昼休み、
定食一人前 + ラーメン一人前 + カレーライス一人前
を、完食したこともある(:わたしの中では大食いを意味する)

その頃、会社帰りの駅で、
1500円のロールケーキが1000円とかになってたりすると、
だいたい買ってしまってた。
(楕円やけど)直径10cmくらいで、長さ25cmくらいのやつ。
消費期限本日中で、一人暮らしなのに。
もちろん、いつも買ってから日付が変わるまでには完食してた。
たいてい、パスタ300gを茹でてトマト缶で食べた後のデザートとして。
(↑ ロールケーキ完食直後に就寝した日もあった。)
食事の際、特に肉はほぼ欠かさなかった。
アルコールは弱すぎて飲めないけれど、
フランベ用にワイン、照り焼きや煮込み用に純米酒は常備していた。

その頃は、今より太ってた。
当時の健診結果に「やせてるからもっと食べてください」
みたいことが書かれていたけれど、
わたしにおいては誤診だった。
たぶんあれは身長体重という数値に基づいた、機械的判定でしかない。
わたしは顔がでかいので、
けっこうやせていないと顔の輪郭が大変なことになるので、
現実的には、太り気味だったと思う。
(↓ 顔は不細工なので掲載してません)
(参考)現在の体型:運営情報(サイト内リンク)

今は、
・ロールケーキ(や、大福や、ドーナツ等、誘惑されそうなもの)
を売っている場所を、できるだけ通らないことにした
・主食は米飯(白米)にした
この2点において、上記時期とは異なる。

その影響かはわからないけど、
顔の輪郭問題は、マシになった。

以上が、食欲と体型に関するわたしの特徴。

以下で、「あったかい場所で食べる」
という温度管理が、
やせるためのダイエットに及ぼす影響、
について考えたことを書く。

わたしは3日前の夕食時、食欲が抑えられなくなった。
すでに、ごはんを茶碗4杯食べていたのに、
空腹(という認識)のままだった。
満腹中枢に何か問題が起きたのかな?
とも想像したけれど、後に、
このとき満腹中枢は壊れていなかった、と
自分なりに決定づけることになった。

すでに普段の倍以上の料を食べているのに、
空腹が解消されなかった上記の際、
わたしは、状況を観察してみた。
体調の影響以外で、いつもとの違いは、
「食事場所の気温が、とても低い」
これだった。

(いつもと比較して)
とても寒い場所で、食事をとっていたから、
たべてもたべてもお腹いっぱいにならなかったんだ。

翌朝、また、翌日の夕食の際、
わたしは、できるだけ部屋をあったかくして、食事をとった。
そしたら、適切に満腹中枢が働いてくれた。
(小食にも大食いにもならず、適量で満腹になれた。)

もしかして、
寒いところで食事すると、
ごはんたちが、食べたそばから体を温めるためのエネルギーになってしまうから、
(時間と食物に制限が無ければ)
食事を終えることが出来なくなってしまうのでは?

だから、
(適量を食べて、適切な体重になる、という目的でのダイエットなら)
「あったかい場所で食べる」
ことが、ダイエットの助けになるんじゃないかな?

と、想像できたので、
ダイエットをする時や、
満腹中枢を信頼できない気配がする食事の際は、
できるだけあったかい場所で食べる
ことに決めた。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください