道を歩いていたら、宗教の勧誘をいただきましたが、お断りさせて頂いた話。

ある地方都市の駅前にて。

土曜日。
わたしは、
スーツではないファッションをしていた
(少し個性的な服装だったかもしれない)。

男性:「芸大生ですか?」

スーツ姿の若い男性が、
わたし(あきらかに20代前半とかの学生ではなさそうと分かる外見)に、
なにやらにこやかに話しかけて下さった。

私:「いいえ、違います。」

男性:「今日は観光でこちらへ?」

私:「いえ、病院に行ってきました。」

男性:「ご病気のご家族が?」

私:「まあ、そんな感じです。」

男性:「それは精神的ご負担等,本当に大変ですね。」

私:「ところで、あなたは、学生さんですか?
  (それくらいの御年に見えた)」

男性:「僕は、**教をおすすめしている者です。
   (というニュアンスのことをおっしゃった)
    よければ、今日、僕と一緒に、**まで来て頂けませんか?」

私:「すみません、わたし、さっきから、
   めっちゃうんこ漏れそうなのがまんしているので、
   あのお店でトイレ借りれますかね?
   でももうやばいので、ダメもとで聞きに行きます!
   では、ここで失礼します(本当に漏れそうだった)。
   あと、宗教の件は、お断りさせて頂きます。では。」

(わたし、猛ダッシュ)

***

用を足し終えた後(20分後ほど)、
店から出ると,その男性の姿は当然、在りませんでした。
お断りしたので、帰られたのだと思います。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.