スタバで濃いコーヒー「ドピオ」(エスプレッソ)を水筒持参で注文してみた!

眠る、以外の方法で睡魔を追い払いたいとき、
あなたはどうしますか?
しかも、何かを飲むことだけが許された環境下で。

コーヒーの濃いやつが効くのでは?
と考えた私は、

熱湯にも耐えうる水筒を持って,出勤前に,
スターバックスというお店へ行った。
(水筒持参した理由:
割引があると聞いていたことと,
すぐにではなく、昼食後に飲みたかったこと。)

「濃いコーヒー、
エスプレッソっていうやつですかね?
こちらのお店ではどれを買えば良いですかね?」
と伺ったところ,
「ドピオ」というやつをおすすめされたので、
「この水筒に7分目くらい入る量のドピオを買いたいです」
と、
300mlサイズの水筒をお見せした。

すると、
写真(2015-05-30 午前9.22)

このような結果になった。

「何ショットですか?」
と聞かれたのだけれど,

スタバとか、カフェ、喫茶店に詳しくない私は,
「すみませんが、わからないので、
その、ドピオというやつを、何杯分かこの水筒に入れて頂けますか?」

とお答えした。
その結果,

店員さんは、大変親切にご対応くださり,
ドピオを何ショットか注文する、という形にしてくれた。

たぶん、普通に、
ドピオエスプレッソを、
同じ量を、ティーカップ版で買う、という形よりも、
金額的に、
かなり(私の財布に)
優しくなるようにして下さったのだと思う。

買ってすぐ、駅のホームの端っこ(周りに人がいない所)
で、断固こぼさないように一口飲むつもりで口をつけた。
そしたら、
めっちゃ美味しくて、半分以上飲んでしまった!
(↓ この写真は、半分以上飲んだ後に撮影しました。)
image
image のコピー

あと、
昼過ぎに会社で(残りを)飲んでも、
美味しい味だった。
睡魔を追い払うことにも成功した!

スタバのドピオ。
これからはこれやな。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • 匿名

    私もアダルトチルドレンです。
    働いてるあなたが羨ましいです。

    • syarimi

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      匿名様の状況に対し、もちろん、
      私は無力ですので、なんのコメントもできません。
      でも、私の文章を読んでくださったということには、
      心から感謝申し上げることができます。

      このたびは、コメント、本当にありがとうございました。

      …以下はわたしの「ひとりごと」です。
      わたしに、匿名様へご助言できる権利は、当然、無いので。

      ***

      わたしが、今、「働いて通貨を得て、生きている」ことの理由は、
      まさに、この文章を書くため、です。

      ですので、読んでくださった方から、
      このようにコメントを頂いたりできるおかげで、
      わたしは元気を得ることができ、
      今日も会社という戦場へ向かうことができます。

      毎日、戦いだと思っています。

      このやり方が正しいか否かはわかりませんが、
      とりあえず今は、
      家から一歩外に出て、
      他人が、少しでも(わたしに)攻撃してきたな、と感じた時は、

      毎回、心の中で、
      「わたしが、あなたに負けるわけありませんよ、
      あなたが体験していないことを、わたしは体験してきたので。
      そして、体験してきた人にしか備わらない筋力を持っているので。」
      と、唱えています。

      そして、その他人(同僚も、会社が同じという共通点のある「他人」)
      へ伝える点があった場合のみ、
      必要最小限のことを、丁寧な言葉と態度で、伝えます。

      ・乱暴な言葉や態度、また、
      ・礼節をわきまえない振る舞い、
      を用いる人たちほど、
      「実はそれだけ臆病な人」と、私は思うので。
      そういう人たちは、
      ・2人以上でないとかかってこれないほど弱く、
      ・身分を明かさないでも良い場所(たとえばネット上)でしか、
      ケンカを売ってくることができないほど弱い「と私は思う」ので。

      (以上の中で用いた「他人」という言葉の定義についてなのですが、
      この「他人」は、
      「冷たい感情を抱いておくべき人」では、ありません。
      「礼節をわきまえた、丁寧な言葉と態度で接するべき人」、です。

      ・「会社の先輩・後輩・同期の人」
      ・「道ですれ違った、一度も話したことのない人」
      ・「血縁者、例えば、父や母のどちらか」

      この、三人に対し、接する態度に差をつけない、という行動が、
      少なくとも、今、私自身を守っています。)

  • ままま

    なぜしゃり子さんはそんなにポジティブでいられるのでしょうか。
    日々いろんな事を考えて、行動して。
    最近の記事を見ていると充実感すら感じとれます(無責任な発言で申し訳ありません)。
    僕はもう何もしたくありません。
    日々ゾンビのように動くだけです。
    僕もいつか変われるのかな。

    • syarimi

      ままま様
      コメントありがとうございます。
      ちなみに、
      わたしが変われた理由の一つに、
      太陽の日差しを感じるようにしている、という事項があります。

      私が、ままま様の人生の責任を負えるわけではないので、
      ここから先は、私の独り言です。
      もしよければ読んでみてください。

      ゾンビの定義を、ここでは「脳が無いヒト」と仮定すると、
      私の文章を読んでくださって、コメントをくださって、
      わたしを元気にしてくださるままま様は、ゾンビでしょうか?
      (勝手に仮定してすみません。)

      …ご自分以外の人(わたし)を元気にできるままま様が、
      ご自身が変わらないと苦しい状況におられるとしたら、
      わたしは、悲しいです。
      わたしを元気にしてくれる人は、
      わたしにとっては、正義ですから。

      でも、わたしなんかが、悲しんだところで、
      ままま様の状況改善にはつながらないですよね。

      だから、ただ言うだけになってしまって
      無責任で申し訳ないのですが、
      わたしは、
      ままま様の内面を正反対にする、
      すなわち、
      正義を悪にする、
      必要は、無い、と思います。

      あと、わたしは、
      何が正義か、は、自分で決めるものだと思います。

      最後に、
      「僕もいつか変われるのかな」
      というお言葉は、
      現状に安易に満足することなく、
      ご自身を高めようとしておられる方だけが、
      おっしゃることのできるお言葉ではないでしょうか。

      向上心のある方は、
      向上心のある他人を惹きつける魅力を持っていると思います。

コメントを残す