しいたけ誕生の気配がゼロだった(菌入り)原木に米のとぎ汁をかけ続けたら…

2013年の春(4月ころ)、
お店で買ってきた、
しいたけ菌が植え付けられている菌入りの木(菌入り原木:げんぼく)を、
原木的には風通しが良すぎるところに、
数本(立てかけるように)置いた。

2013年いっぱいは、水や肥料は、あげないで、
そのまま(雨のあたる場所に、立ったまま)にしておいた。
(しいたけが自発的に出てきてくれることを期待して。)
それが原因かは分からないけれど、
しいたけの気配は皆無だった。
年を越しても、そのまま放置しておいた。

2014年の春になっても、放置を続けた。
その結果、
2014年の初夏(6月ころ)時点で、
しいたけは、まだ1個も出てきてはくれなかった。
これはもしや…
菌をつけ忘れられた原木を買ってしまったのでは?

と、半ば(なかば)あきらめ気味になっていた頃、突然、
「そういえば米のとぎ汁って栄養ありそう」と思ったので、
2014年の夏(7月ころ)から、
2014年の秋(11月終わり頃)まで、
(白米に精米された)米の、とぎ汁をバケツにとっておいて、
それを、木の頭から、ばしゃっと、かけた。
これを、上記のおよそ5ヶ月間、ほとんど毎日、実施した。

そしたら、
2015年の早春(1月頃)、ついに…
スクリーンショット 2015-02-27 午後11.20.11
しいたけがいっぱいや!!
どうやって食べようかな。

*わたしのしいたけの実りと、わたしが用いた米のとぎ汁との、
科学的な因果関係は、未確認です。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す