旅の宿で。ポエムを散乱させたまま朝食に行っている間に部屋が綺麗に…

この週末に、とある観光地へ行ってきた。

和風の宿に泊まった。
たくさん歩いたおかげか、

夜20時くらいにあっさり眠りにつくことができた。

そして、すっきりと目覚めた。
午前1時頃に。

ここから、
時間つぶし用に持参してきていた技術書を読みはじめた。
聞いてた朝ごはんの時間までは、
まだまだ余裕があった。

そう、
そのままおとなしく本を読んでいたら、
何事もなく、スマートな宿泊をキメることができ、
かっこ良く宿をあとに出来るはずだった。

しかし。

本を読んでいる途中で、
夜がわたしをおかしくしたせいか、
ポエムのような、ラブレターのような、
たくさんの言葉が、頭に浮かぶこととなった。

技術書の内容が頭に入ってこないから、
余計なことを考えはじめたと表現するほうが正しいでしょうか。

そして。
他の人には見せられない文章や単語を、
大量に書くことになる。

大きな字で、紙で。

そして、
窓から朝日が差しはじめた頃、
なんだかすこし眠気が襲ってきた。

これがいけなかった。

1時間くらい、眠ってしまったようで、
起きて時計を確認したら、
朝ご飯として聞いてた時間の5分前だった。

そこから、大急ぎで浴衣から服に着替えて、
身支度を終えて、
食事の部屋へ行った。

部屋に、大量のポエムを散乱させたまま。

それから、1時間くらいかけて、朝食を食べた。
魚も、綺麗に骨を残すことに成功した。
満足して朝食を終えた後、
さあ、散乱したままのポエムたちをきれいさっぱり片付けて、
ふとんもあげて、
ゆかたもまとめて、
それからスマートにチェックアウトをして、かっこ良く出発しよう。
と、イメージしながら、自分の部屋へ向かった。

しかし。
自分の部屋のドアを開けたら、
おそろしい景色が待っていた。

部屋が、きれいに片付いてる!
もちろん、ポエム達も、きれいに片付けられていました…

片付けてくれるシステムだったんですね…。

きゃーーーーーーーーーー!

わたしの人生始まって以来、
1位か2位を記録するくらいの
顔から火が出る案件でした。

ふとんもあげていない、ゆかたも脱ぎ散らかしたまま、
しかもポエムが散乱しているとは。
なんという失態や!

その後、
スマートに、
宿泊費の支払いと、旅立ちのご挨拶をさせていただき、
かっこ良く
宿をあとにしました。

そう。
何事もなく、スマートな宿泊をキメることができたと思っています。

部屋に散乱したポエムを片付けていただいてしまったこと以外は。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.