父母の脳に、認識に上らない欠陥があるなら、子は注意しよう!

父母の脳に、彼ら自身の認識に上らない欠陥があるなら、

彼らは、論理的結論(正しい結論)を出すことができないのかもしれない。

 

彼らは、問題の物事の因果関係の把握、状況の俯瞰ができない。

子からの回答や問いも理解できない。

 

なので、

彼らは、自分たちを納得させるため、

問題の物事の結論を出す際、非論理的な方法を用いることになる。

 

その方法とは、

 

因果関係が無い事実のうち、子に因る事実、

たとえば、その子に友達が少ない、のような事実を、

因果関係をかえりみることなく、

 

問題の物事の原因ならびに解決すべき結論として据え、これを主張する方法。

 

子が幼いなら、子は、これを真に受け、

論理的思考の体得の邪魔をされるだけではなく、

自分に因る事実が、解決すべき事実である、

 

という、自己否定的思考を植え付けられるおそれがある。

 

なので、自分を幼いと思う子は注意しよう!

 

そして、

親の脳の、この種の欠陥は、

80%の確率で、子に遺伝しているらしい。

 

子と親の違いが、

この事実を認識していることと、そうでないこと、であるなら、

 

事実を正しく認識している子は、

欠陥があったとしても、有効な対策をとることができる。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す