伏見稲荷大社で初詣?めっちゃ空いてた?いつ行った?

あなたは伏見稲荷大社に行ったことはある?

私は、2012年の12月31日の朝、突然思い立って、一人で行ってきた。

一匹キツネ子や!コンコン!

めっちゃ空いてた。ほら。

262778_298584310261811_1928641604_n

敷地内の、鳥居の近くとかに、

キツネのかたちの、こまいぬみたいに座ってる像が、大小いっぱい居た。

鳥居も、手のひらに乗りそうなやつから、

めっちゃ大きいやつまで、いっぱいあった。

 

京都駅からJRで5分くらいで行ける。

 

駅から入り口までの道のりの両側に、

縁日みたいにお店がたくさん並んでた。

(たぶん私が来た時間が早すぎたから、準備中みたいだったけど。)

 

敷地が山で、広くて、いっぱい歩けて良かった。

(スニーカーで行って良かった。)

そしてけっこう長い階段がいっぱい。

登り続けたり、下り続けたりした。

 

伏見稲荷大社から帰る頃には、足がガクガクして

(ひざが笑ってる状態というのかな?なんだかくすぐったい感じ。)

気持ちよくて、達成感があった。

 

歩いたり、キツネの像をみたり、

野良猫っぽい大きい猫がいて、そばを通るとき緊張したり、

(私はネコがちょっと苦手。)

うろうろしてたら、

3時間くらいたってた。

 

そのころ私は京都駅近くに住んでたんやけど、

京都駅周辺に比べて、伏見稲荷大社は気温が低かったような気がする。

高いところに行ったら雪も降ってきたし。

ダウン着てたけど、スカートにレギンスでは少し寒かった。

 

あと注意書きで、木の枝が上からふってくる可能性があるから気をつけて!

みたいのが書かれてたような気がする。

 

防寒と枝が降ってきたときの衝撃緩和を兼ねて

マフラーをあたまからかぶってた。

あと真上を見ないようにした。

まあ私はメガネやからたぶん大丈夫ねんけど。

 

ほかのお客さんは、

おじいさんおばあさんの集団とか、

外国人の家族連れとか、

スポーツウエア姿の、マラソンしてる若い女の人とかがいた。

女子の集団や、男子の集団もいた。

 

カップルはあまりいなかったけど、

私だったら一緒に行って、端から端まで連れ回す。

伏見稲荷大社は、どこを歩いても鳥居があってキツネの像が居て、

かわいくて、めっちゃ楽しい。

 

ときどき、石畳で舗装されていない、

横にそれたひとけのない道があったから、行ってみた。

そしたら看板が立ってて、

女性は一人で歩かないで下さい、

みたいなことが書かれてた。

 

なのでそういう道はちょっとだけしか進めなかった。

石碑?みたいな石がたくさんあるところに出たり、

切られた木の枝が山積みになっているところに出たり、

ぬかるんでいて滑りそうな場所に出たりした。

 

そこは、ほかのお客さん達が遠くに見えて、

私の周りには背の高い木しかなくて、

静かで、少しだけ別世界に来たみたいだった。

 

伏見稲荷大社から帰ったのはたしか午後2時くらいだった。

これから向かう人たちとけっこうたくさんすれ違った。

 

次の日(元日)、筋肉痛になった。

階段を下りるたび、ふくらはぎあたりが、めっちゃ痛きもちいい、

みたい状態になった。

おかげでここちよい正月を迎えられた。

 

私は混んでいるのが苦手やから、

おおみそかの夜や元日の初詣は行けない。

しかし!

初詣は年明けにだけ行く、って時代はいつまで続くんや?

12月31日早朝に初詣や!

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す