藤田嗣治の作品を京都国立近代美術館に見に行った。耳栓必携!

昨日電車の広告を見ていたら。

藤田嗣治?聞いたことある。

京都国立近代美術館?

府立図書館行く時に前を通ったことならある。

2018年10月19日(金)~

今日から?

行ってみるか・・・

行ってきた。

藤田嗣治の子になってしまった!

・・・ちなみに

藤田嗣治リスペクトでこの髪型で行ったわけではありません。

猫がこんな感じでした:

 

筒型の虫眼鏡みたいのを使って絵を見ている方もいました。

 

お相撲さんっぽい絵をお相撲さんくらい横幅がある方が見ておられました。

バナナマン日村をもっと膨らませたような。

顔も体型も日村でした。

 

もしや!あの髪型は藤田嗣治リスペクトだったのかもしれない。

 

この式を思い出しました。

F=ma !

m=質量! a=加速度!

ぶつかってきたら負けるぅ!

 

ちなみに。

2人とかで来てけっこうなボリュームで話ししながら見てたり

ひとりごとをほざきながら見ていたりする人々がいて

 

「ウルセェええええええ!!!!!」

 

と言いたくなりました。

 

いちいち「すーん」とかいうなああああ!

 

なんや「すーん」って!!!!

 

新しい感嘆詞?

 

平日15時半頃でこれだったので、

土日はもっとやばいかもです。

 

耳栓していけばよかった。

耳栓携帯してるけど、

100円返ってくるロッカーにカバン入れたから持ってなかった。

 

耳栓必携!

 

太った裸婦の絵たちは気持ち悪かったのでスルーした。

しかし、裸婦の後ろにいたりする猫を見てしまった。

あと、人魚みたいやつのまわりに散りばめられていた

海の生き物が面白くてを見てしまった。

爆笑しそうになりました。

 

あ、人を見下すような猫の顔も気に入りました。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月20日 藤田嗣治の作品を京都国立近代美術館に見に行った。耳栓必携! はコメントを受け付けていません。 行事