緊急避妊ピルを、制限時間内に、実際に使った感想。

もし今、あなたに、望まない妊娠の可能性があって、

ネット検索して、この文章にたどり着いたとしたら、

この文章を読まないで、

 

一刻も早く、行けそうな産婦人科を検索して、

電話をかけて、緊急避妊ピルの処方が可能か確認した後、

急いで行って下さい。

緊急避妊ピルが使える時間には、限界があるから!

 

以下は、わたし自身が、緊急避妊ピルを制限時間内に使った感想。

わたしは、20代前半の頃、緊急避妊ピルを使ったことがある。

その時医者から言われたことと、感想を書く。

ちなみに、わたしは医者では無い。

緊急避妊ピルを、飲んだことがあるだけ。

 

そのときわたしは、パニックになっていたので、

細かいところはあまり覚えていない。

保険が使えたかどうかも、おぼえていない。

 

とても気持ち悪くて、

これまで感じたことの無いくらいの吐き気があったことだけ、

はっきり覚えてる。

 

あと、医者が、

「もし、緊急避妊ピルを飲んだのに、

効果がなく、妊娠して、出産まで行ったとしても、

胎児には、影響は無い

(緊急避妊ピルが原因で障害が残る可能性は無い)」

と説明した。

もうひとつ、「将来妊娠を希望したときに

妊娠しにくくなる影響も無い」とも言った。

 

お金は、いくらかかったか覚えていない。

一般的な堕胎手術の、1/10以下の安さだったと思う。

1万から2万円くらい持っていって、おつりが来たと思う。

 

薬は、たしか、まず、病院で飲んで、そのあと、

決められた時間、何時間後かに、

もう一回以上は飲んだ。

 

なんでこれは覚えてるかと言うと、

一人の友達に、薬を飲む時刻を話していて、

その時刻に、わたしに電話をかけてもらったから。

 

そのときとても眠くて、

生理の時の吐き気をもっと強くしたような吐き気があって、

起きていられなくて、

自宅では無い建物の中のソファーで、

夜中まで横になってた。

 

吐き気が無くなって、2日後くらいに、生理が来た。

ふつうの生理だった。

そのあと、現在まで、不規則だけど何回も生理が来ている。

(わたしの生理周期は、以前からずっと不規則。)

 

わたしは緊急避妊ピルを飲んだ後、

すごい吐き気があったけど、吐かなかった。

食事はできていなかったと思う。

もし薬を飲んだ後、吐いたら、医者に報告してたと思う。

 

緊急避妊ピルを使うときの体の負担は、

低容量ピルでの負担とは、比較にならないくらい、強いらしい。

でも、

緊急避妊ピルは、堕胎手術より、ずっとマシな負担だと思う。

 

産婦人科では、まわりに、

妊婦さんや、赤ちゃんとそのお母さんとかが居た覚えは無い。

診療時間外だったかもしれない。

 

帰りの電車、夕日が、あたたかくて、

わたしの影だけが、オレンジ色だった。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す