エレキベース「Edwards」(E-PB-95M/LT)の感想。手の大きい私でさえ…

あなたは、Edwards (エドワーズ)というエレキベースを知っていますか?

 

だれかの名前ではない、エレキベースのメーカ名。

エレキベース初心者の私は、買うまで、知らなかった。

わたしが買ったのは、Edwardsの、E-PB-95M/LT。

 

2014年の初夏(しょか)、

わたしはフェンダーくらい有名なエレキベースを買おうと力(りき)んで、

BigBoss(ビッグボス)という楽器屋さんに行った。

 

このときは、まだ、BigBossのお店の看板に

「ESP」の表示があることに気づいているはずもなかった。

 

注意です:

ここに記載する内容は、

一個人の「感想」

と、

「わたしというエレキベース初心者、の考察」

であり、

その科学的論理性を保証するものではありません。

また、BigBossとわたしの間での、この、

エレキベース「Edwards」(E-PB-95M/LT)売買契約において、

瑕疵はありませんでした。

 

いくつか、ストラップをつけて試奏をさせてもらった。

この日は、Myストラップを持参した。

 

ヘッド落ちしないことの確認は大事だと、以前に学んだので。

 

わたしの中での「ヘッド落ち」の認識:

立って弾くときにエレキベースを吊るす、ストラップでふつうにつるすと

ネックの部分が下に下がって、左手で支えないと弾けなくなるような現象。

(この文章内での「ヘッド落ち」の定義は、上記です。)

 

(この文章内での「ストラップ」定義:

立ってベースを弾くときに

ベースを肩からぶら下げるために、

ベースにつけるベルトのような、これ ↓)

2014-09-19 01.10.11

 

そして、最終的に、

・フェンダーのベース(約8万円)

と、

・Edwardsのベース(E-PB-95M/LT)(約10万円)

の2つで迷った。

 

この2つで迷っているとき、

なぜか、店員さんが、

「Edwardsを買ってくれるなら、

フェンダーと同額まで値引きしますよ。」

と言った。

 

「なぜ割り引いてまで、Edwardsを売りたいのかなあ。」

と思ったけど、 わたしは気に留めなかった。

 

店員さんに、

「Edwardsってメーカ、

聞いたこと無いですけど、どういうメーカなんですかね?」

と聞いたら、

「ESPのなんとか品」みたいな回答が。

せっかく教えてくれたのですが、

「なんとか」の部分は失念いたしました。

 

その後、Edwardsを買ってくれるなら、

ESPと書かれたソフトケースをつける、と言われました。

 

うーん。

「ESPのなんとか品」なのに、

ソフトケースに記載のロゴが

「Edwards」では無く「ESP」って、

なんか恥ずかしいような…。

どうしようかなあ。

フェンダーのほうがいいような気もする。

 

フェンダーより高いのに、

フェンダーと同額まで値引きしてまで売ろうとするなんて、

やっぱりなにか裏があるんじゃ…

 

と思ったけど、

ストラップ試着したときに、

フェンダーより、すこしだけ、Edwardsのほうが、

ヘッド落ちしない気がした。

 

ということで、

2014-09-19 00.50.21

買ってしまった。

 

ここからは、

「Edwards」(E-PB-95M/LT)を弾いての感想を書き連ねる。

 

まず、一番最初に気づいた違和感。

2014-08-09 19.45.25

ネックが、めっちゃ握りにくい!

なんか、この、Edwardsのネック、

前に買ったベースより太い?気がする!

親指に一番近い弦を押さえようとすると、

手の甲がめっちゃ緊張する!

 

うーん、正面からの写真では、やっぱりネックは太い?

 

アラビックヤマトとの比較:

2014-09-19 01.32.24

12フレット付近のネックは、もっと太い。

2014-09-19 01.32.35

 

横からの写真:

2014-09-19 01.54.49

ネックが…、細い(うすい)…?

 

正面と横のようすをまとめると、こんなかんじ。

2014-09-19 02.06.06

うーん。

 

もし、こんな形↓ だったら、もっと押さえやすいと思う。

2014-09-19 02.15.12

 

ちなみに、わたしの手は、たぶん大きい。

男の人と比べたときでも、よく、大きいと言われる手:

2014-09-19 02.19.44

2014-09-19 02.20.42

このわたしが、太い、と思うんだから、

このベース、Edwards(E-PB-95M/LT)のネック、

ほとんどの人は太いって感じると思う。

 

ただ、手が大きすぎても、ギターを弾きにくい、

という意見も聞いたことがある。

 

そのほかに、感じたこともいくつかある。

 

ヘッドフォンアンプとか、チューナーとかを、

刺しこむ部分が、刺さりにくい!

2014-08-09 19.33.22

なんか、入れるときや抜くとき、

なめらかじゃ無い気がする。ごつごつあたるような。

わたしの腕力では、

ねじるように(ねじりながら?)抜かないと抜けない。

 

あとは、

「ネックの反り(そり)具合の調整は、

ボディーからネックを外さないと出来ない。

なので、お店に依頼してください」

という趣旨のことを、BigBossの店員さんに言われた。

2014-08-09 19.38.34

↑このように、六角レンチで調整するための穴が、

ヘッド部分にも、どこにも、無い。

 

あと、音は、なんかこもっている気がする。

弦が悪いのかもしれん。

ピックアップ?には、

Seymour Duncan と書いてある。

 

あと、弦の端っこをとめておくこの部分↓

2014-06-18 23.37.14

弦の高さの調整をする部分なんやけど、

ここに、傷がついていてショックだった。

これを見たわたしは、

「お店の人が調整するとき、

マイナスドライバーをねじの頭から何度もすべらせて、

傷つけたのでは?」

と予想してしまった。

 

あと、ほこり?大気中の油?

このEdwardsがただ古いだけだった?

この銀色の部分の表面がかなり曇って(くもって)っているように見え、

そういう印象を受けた。悲しかった。

(気になったので、自分で綿棒でめっちゃ磨いたらきれいになった。)

 

それから、

この銀色の、2つある、丸い、回すやつ。

この下側のやつ。

2014-09-19 03.14.13

押すと、

2014-09-19 03.15.43

浮く。

これは、こういう仕様らしい。

浮いた状態では、わたしはチューニングできなかった。

 

浮いた状態だと、音がおかしい気がするのもあるし、

わたしがこの部分を、

「自分から」浮かせることは一生無いでしょう。

 

この部分を押してケースの中に入れて、持ち運びした後、

この部分を確認してみると、

浮いている。

 

きっと、ひっかかりが甘くて、

なにかが少しあたっただけで、

浮くんだと思う。

(わたしの主観では)ほんのちょっとの衝撃で浮いた。

 

このベース「Edwards」(E-PB-95M/LT)を

ライブとかで弾くとしたら、

途中でこの部分が浮く可能性もあるのでは?

と、予想してしまった。

 

そのうち、

浮いている状態にしかならないように

なってしまうのではないか、と、

こわくなるくらいの、ひっかかりの甘さと感じた。

 

最後に、

ピックガードのフィルムが、

2014-06-18 23.40.14

わたし的には、とてもはがしにくかった。

 

これでも、

あなたは、「Edwards」(E-PB-95M/LT)を買いますか?

 

ちなみに、

BigBossのお店の看板に

「ESP」の表示があったのは、BigBossはESPの直営店だから。

だったのかもしれません。

たぶん、

(先述の、ESPのなんとか品との表現の)10万円のEdwards

を8万円に値下げして売ったときの利益は、

8万円のフェンダーを売ったときの利益よりも、

大きいんだと思う。

 

島村楽器ではCoolZに気をつけて、

BigBossでは、ESP(の偽物?)に気をつけようと思った。

 

 

*追記

結局、この「Edwards」(E-PB-95M/LT)、

買った日から数えて約7ヶ月後、

ソフトケースに入れて、リサイクルショップで売った。

初心者の私の力量では、

ネックの違和感に耐えられなかったから。

 

きっと、もっとベース弾くの上手な方が使いこなしてくれたほうが、

この「Edwards」(E-PB-95M/LT)自身も、

楽器としてこの世に誕生した以上、

当然そのほうが嬉しいはずだ、と思って。

 

そしたら、

20000円弱になってくれた。

 

「Edwards」(E-PB-95M/LT)に、

・ソフトケース

・スタンド

・約4000円で買った革製のストラップ

 

の3点をお供にして、

リサイクルショップへ売りに行ったら、

全部で20000円で買い取ってくれた。

スクリーンショット 2015-02-09 午後5.31.31

たぶん、「Edwards」(E-PB-95M/LT)単独の買取価格は、

20000円弱や。

 

77760円 ー 20000円弱 = 約60000 円

の勉強料だったということや!

 

…次こそはフェンダーにしよう。

 

またベースが弾けるように、

わたしの人差し指と、手の甲の神経が、

もし、正常に、戻ったなら。

 

追記:

私の手の写真5つ

Screen Shot 2016-02-09 at 3.02.33 PM

Screen Shot 2016-02-09 at 3.03.03 PM

Screen Shot 2016-02-09 at 3.04.04 PMScreen Shot 2016-02-09 at 3.04.23 PM

Screen Shot 2016-02-09 at 3.04.49 PM

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • かまたん

    しゃり子さん、はじめまして。手の写真を見せて頂いたのですが指が長くて凄く綺麗だったので、コメントしてみました。
    正確な手の大きさ、各指の長さは一体どのくらいなのか気になりました。定規を当てて正確な長さが分かる写真をリクエストしても良いでしょうか?宜しくお願いします。

    • syarimi

      かまたん様
      コメントありがとうございます。
      また、手の写真のリクエストも、ありがとうございました。
      自分なりに掲載させていただきました。
      良ければご覧下さると嬉しいです。

  • そ~

    初めまして。
    ひょんなことでたどり着いたついでに書き込みしていきます。

    edwardsというブランドはESPという楽器メーカーの廉価版とでもいいましょうか。
    けどちゃんと日本製ですしいいもの作ってます。

    ネックが握りにくいとのこと。
    これはプレシジョンベースのタイプなのでネックは幅広です。
    ジャズベースのタイプでしたら細くて薄いですよ。
    またお店に寄ることがありましたら比べてみてください。
    どちらも元々はフェンダーが出しているタイプのベースです。

    丸い、回すやつ。ノブといいます。
    押すと浮くのは弦の振動を拾い音の信号に変えるピックアップ、
    ボディの真ん中へんについてる四角いの。
    それの中の配線を変えるためのスイッチです。
    なので音が若干変わります。
    また、全てのベースに付いてるわけではありません。

    やっぱりネックの握りは弾きやすさに出ますので
    できれば買う前に確認してみるといいですよ。
    メーカー、モデルによって全然違いますから。

    長々と失礼いたしました。
    もし次回またベースを選ぶことがあれば
    参考になれば幸いかと思います。

    万年初心者のベーシストより。

    • syarimi

      そ〜様
      コメントありがとうございます。
      勉強になりました。
      ありがとうございました。

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.