摂食障害の治療として、わたしなりに編み出した食事方法と、その効果。

あなたは、食べ物が喉を通ってくれないと感じたことはありますか?

(世界には餓死者が存在することを、わたしは知っています。)

 

わたしは、たぶん、摂食障害だ。

 

ときどき、拒食症状が出る。

拒食の子や!

わたしは、

おなかがすいて、食事を用意して、

箸でごはんをすくっても、

口に入れることができず、

食べられなくなることがある。

 

(注意です:

わたしは、医師では無い、ただの摂食障害(拒食)の子です。

自分の治療として、食事方法で工夫したことを、ここに書きます。)

 

わたしの摂食障害による問題は、

拒食症状が出て、食べられなくなったとき、

風邪を引きやすくなったり、

健康から遠ざかってしまうことだ。

 

それから、栄養不足で骨が弱くなるのか、

特に拒食がひどかった、

169.5cmで体重が44kgだった頃、

道で転んだだけで足が腫れて、

病院に行ったら骨にヒビが入っていたこともある。

あと、その頃は、頭がしびれているような感じがして、

本を読むスピードが遅くなった気もしていた。

 

健康から遠ざかることは苦しいことで、

あと、仕事や勉強の効率が落ちることも苦しいことなので、

拒食という摂食障害を、うまく、あしらって、

健康になって、

仕事でも勉強でも最高のパフォーマンスを発揮できる状態で居たい 。

 

摂食障害(拒食)の治療方法として、わたしは、

「なんとかして食事を口に入れて胃に落とし込んで、栄養を吸収させる」

このことを無理なく達成できる食事方法(わたしの場合においては。)

に、たどり着いた。

 

それは、

「食事」の時間を作らない、という治療方法だ。

 

おなかが減って、食事をすべき時刻になって、食事を用意して、

今から食べる、という、まさにそのときに、

問題集を解きはじめたり、メールを打ったりなどの、

「目と手を使う作業」を開始する。

 

この作業中、用意した食事は、手の届く範囲に置いておく。

作業中、手が止まったり、考え込んだりしたタイミングて、

ひとくち、食事を口に運んで、水を飲んで、作業に戻る。

一つ、そしゃくする(もぐもぐする)ときは、

顔を正面に向けてかむ点だけは、気をつける。

(横を向いてもぐもぐすると、骨格がゆがみそうだから。)

 

これを繰り返せば、

うまくいけば、

気づいたら、食事が減っている。わたしの場合は。

 

食事内容は、雑炊やおかゆなど、

丼1つで用意できて、さらっと飲み込める食事だと、

その存在感が薄いし、食事してない感も増して、さらに良い。

 

季節によっては、食事が冷めてしまったりするけど、

わたしは、冷めていても気にならない。

だって、食事をしているわけではないんだから。

作業中、なんとなく口に運んだだけなんだから。

 

(注意していること:

夏は、たまごかけごはんや、刺身など、傷みやすいものは避けてる。)

 

勤め先の昼休みなど、

限られた休み時間中に、食事を終えなければならない場合もあるので、

毎食この方法が使えるわけではないけれど、

家に居るときだけでも拒食を改善できたら100点だと思っていて、

拒食症状が出たときは、これを実践してる。

 

わたしにときどき訪れる、摂食障害(拒食)は、

「食事」の時間を作らない、という解決方法(治療方法)で、

やりすごせています。

 

わたしは雑炊が多いけど、

もし、あなただったら、何にしますか?

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す