出っ歯、矯正する?リスクはないの?悩んだ私はどうしたか。

あなたは出っ歯の矯正をどう思いますか?。

わたしは、出っ歯のげっ歯類(げっしるい)子や!

げっ歯類とは、リスとかネズミとか、出っ歯のどうぶつのこと。

しかもすきっ歯!

私に近づくと最強の前歯が突き刺さるから気をつけるんだっ!

 

この出っ歯の矯正を考えたことがあって、

普通の歯医者2人、矯正専門の歯医者2人、計4人のところに行ったことがある。

でも、歯の写真撮ったり、話を聞いたりして、よく考えてから、やめた。

 

自然のままの歯を、

強制的に抜いたり移動させたりすることのリスクを、自分なりに想像した。

もちろん私は、歯科医とかではないので、

ここで書く内容は、ただのげっ歯類の考え。

 

やめた理由は3つ。

 

①虫歯でもない健康な歯を抜くのがもったいない。

(どうせ抜くなら、抜かないと命にかかわる!くらいになってから抜く。)

 

②歯を移動することによって、歯の根っこに悪い影響が出て、

歯の根っこが弱々しくなって、抜けてしまうリスク

(たぶん歯根吸収というのかな?)

が、怖くなった。

 

③歯医者は、歯の移動が顔の骨格に与える影響は見てくれるかもしれないけど、

体全体の骨格に与える影響は見てくれないんじゃないか?。と思った。

(今の歯並び・噛み合わせで健康な状態なのに、

そのせっかくの調和を乱すことにならないか?と思った。)

 

以上の3つが、やめた理由。

 

なんだけど、もうひとつ、

以下は4つ目の理由。論理的ではないかもしれないので、おまけの理由、とする。

 

おまけの理由は、私は強運なこと。

周りからも、運いいよなあ、と、よく言われた。

この強運とこの出っ歯の顔に、因果関係があることを、

科学的に証明したわけではない。

 

でも、わたしは、顔はけっこう運のよさを左右するんじゃないかと思ってる。

だって七福神みたいな顔とか、いかにも運良さそうじゃない?

 

この運に影響する顔の構成要素として、

もちろん、かわいい人は得することも多いと思うけど、

目が大きいとか、鼻が高いとか、あごがシャープ、みたいな要素でなく、

たとえば、一回見たら忘れない、とか、見ていて飽きない、とか、

言語化しにくい要素が、重要な役割を果たしてると思う。

 

言語化できないということは、

あとからそれだけを付け加えることは出来ない、ということ。

強運、というのは、あとからそれだけを付け加える、ことができない。

ある人にはあるし、無い人には無い。

 

わたしはこれまで、出っ歯、とからかわれたこともあるし、

きもちわるい、と言われたこともあるし、

好きな人から、整形した方がいいんじゃない?とかも言われたことがある。

(まあ、出っ歯だけじゃなくて、すきっ歯だし、鼻も低いし、

そもそも顔もでかいんだけど。)

 

でも、いつも運がよくて、

進路を決める重要な試験や面接やプレゼンでは、

合格線ギリギリで必ず勝利してきた。

 

間一髪で無傷だったことも、何度もある。

 

しかも晴れ女で、私が空の下を歩くときは、いつも晴れ。

傘をあまり使ったことが無い。

どしゃぶりの空を、何度も快晴にした。

 

あと、お客さんのいない店に私が入った時、毎回と言っていいほど混みだす。

 

とにかく、運のよさ、福を呼ぶ力、には自信がある。

わたしは、この強運な顔を失ってまで、出っ歯を治したくない。

 

どこかの国では、

すきっ歯は、そのすきまが幸運を呼び込むと言われていて、良いらしい。

幸運の歯(Dent du bonheure)というらしい!

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す