デパスを一度に20錠飲んだらどうなったか

あなたはデパスという薬を知っていますか?

 

デパス1mgを20錠一気飲みして、ねむ子や!

いつかの私。

 

わたしは医者ではないので、ただの体験談。

当時親しかった人につれられて、病院に行った。

はじめてデパスを飲んだ。

飲んで20分後くらいに、歩いて外に出た。

自転車に乗ったその人が、歩く私よりすこし早く、横断歩道をわたった。

地面が少しゆらゆらして、背中が少しゆらゆらした。

 

ゆらゆらしていたのは私の頭だった。

 

ゆらゆらは、一時間くらいしたら、おさまった。

それからしばらくして、その人とは、

会うのもやめて、連絡を取るのもやめた。

なぜだか、めっちゃ嫌いになったから。

私の性格が変わっていったような気がした。

その人はたぶん全然変わってなかった。

 

それから、周りの人全員が怖くなった、瞬間、

1錠飲んでも2錠飲んでもダメで、

止まらなくなって、

20錠飲んでしまった。

 

家まで送って行ってあげようか?と優しい言葉をかけてくれたひとに、

あなたなんかには送られたくない、みたいな、

たぶんもっとひどい言葉で答えた。

 

それまでカラオケほとんど行ったことなかったんやけど、

突然、一人カラオケに出かけた。

高校生みたいな人らがたくさんいたけど、

顔がなかった。

全員、顔がただの肌色の固まりで、目や鼻や口がなかった。

 

それから、行ったことのなかった和菓子屋さんに行って

(黒みつがかかった団子を売ってる店)

8本くらい入ったのを買った。

 

団子を食べていたら後輩が来たので、一緒に食べた。

後輩の顔はあった。

 

夜、友達とごはんを食べに行った。

店に着いたあたりから記憶が断片的になっていった。

 

気づいたら、店の横の、赤い階段の上に、友達と並んで座ってた。

私の膝の間に、Vittelというラベルの赤いキャップのミネラルウォーターがあった。

その後、なんとか家まで帰ったらしい。

 

夜があけたら、しっかりお風呂も入って歯磨きもして布団の中で眠った私がいた。

起きたら、フラフラした感じもなくて、

頭やおなかが痛いことも無かった。

体がだるいことも無かった。

 

まるで夢だったみたいに、20錠の痕跡は、ひとつもなかった。

 

 

これが、20錠でもためらわなくなった理由だったのかもな。

思考からの逃げ場。

 

 

 

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す