エレキベース「CoolZ」(ZJB-1R)のヘッド落ちと、ストラップ試着のすすめ!

わたしは、

エレキベース(エレキとつく楽器すべてにおいて)初心者の子や!

 

注意です:

ここに記載する内容は、一個人の「感想」であり、

その科学的論理性を保証するものではありません。

また、島村楽器とわたしの間での、この、

エレキベース「CoolZ」(ZJB-1R)売買契約において、

瑕疵はありませんでした。

 

ヘッド部分に「CoolZ」「(小さく)Makes You Creative」と

書いてあるベース(7万円くらい)をすすめられたので、

 

「CoolZ?聞いたことが無いメーカーだなあ。」

「CoolZ…読み方は…クール爺(じい)!?」

 

「CoolZってロゴか…うーん、なんだか…」

「Makes You Creativeってロゴか…うーん、なんだか…」

 

「フェンダーじゃないけど大丈夫かなあ。」

「店員さん、やたらとこれ(CoolZ=クール爺)を推してくるなあ…」

と、思いながら、店員さんに、

 

「このメーカは、替えパーツは多く出回っていますか?」

と聞くと「ぜんぜん大丈夫」

と答えた。

 

ちなみに、

「クール爺(CoolZ)は、島村楽器が作っているオリジナルのエレキベース」

ということは、

店員さんは教えてくれなかった…。

 

そして説明を聞くこと15分…

 

…買ってしまった。

 

家に帰って、

はじめてストラップをつけて(肩に吊して)かついで感じたことは…

 

なんか、めっちゃ左肩が痛い!!

そう、

ヘッド落ち?がめっちゃ気になる!!!!!!

傾くから、ひざに乗せて弾くときも、

ボディーを右ひじで押さえないと弾けない(わたしの場合は)!

 

(この文章内での「ストラップ」定義:

ベースを肩からぶら下げてるベルトのようなやつ。)

 

わたしの中での「ヘッド落ち」の認識:

立って弾くときにエレキベースを吊るす、ストラップでふつうにつるすと

ネックの部分が下に下がって、左手で支えないと弾けなくなるような現象。

(この文章内での「ヘッド落ち」の定義は、上記です。)

 

ヘッド落ち対策で、

上側に来るピンを長いものにかえて、重心を左側に移動させる方法や、

ペグを軽いものに交換する方法があるらしい。でも、

ボディーに傷をつけることになるし(わたしは重心移動用の穴を傷とみなす)、

ペグを壊れてないのに新しく買わないといけないのも腹が立つ。

クール爺め。

 

あなたがもし、これからエレキベースを楽器屋さんで買うなら、

ストラップをつけさせてもらって、ヘッド落ちしないかを確かめれば、

私のような苦労はさけられるはず!!

 

クール爺に泣かされた私は、

とりあえずの解決策を考えた(解決力・安全性の保証は致しません)。

2014-04-01 01.05.38

このひもを、おしりに付けていないほうのストラップ穴に通して…

2014-06-15 17.39.39

 

スクリーンショット 2014-06-15 18.14.52

ヘッド部分のすきまに、くくりつけた!

(靴ひもを結ぶみたいに、あとでほどくこともできるように。)

 

ちなみに、こんな感じで↑ネックにぴったりしばりつければ、

ひもが抜けてペグに当たる心配も無さそう。

ひもは、もっとかっこいいのにしたいところだけど…

 

ネックをできるだけ地面に水平に(※理由は後述)するようにして

かついだら、

 

左肩が…

痛くなくなった!!!

 

左肩が痛かったのは、クール爺が重いせい、ではなく、

重心がヘッド寄りにあるせい?と(わたしの中で)推測。

 

ただし、この、ひもでくくりつけるやりかただと

ヘッドを上げてもっとななめにすると、

バランスを崩して、

ベースが縦になって、

ボディーが足の上に落下しそうになります。

 

水平に保って弾いてみることにする。

ちなみに、座って弾くことは一生無いでしょう。

 

***

 

私が島村楽器で試奏させてもらったときは、座って弾いたのみ。

先にストラップ買ってからエレキベース買いにいけばよかったかな。

つぎエレキベース買うことがあったら、絶対ストラップ試着させてもらおうっと。

 

ヘッド落ちがあると、左手と左肩(左利きなら逆の手と肩)に

余計な負担がかかって、弾くのもしんどくなると思う。

 

それに、ヘッド落ちがあると、からだの中心ではないところに重さがかかるから、

腰にも悪影響があると思う。

 

楽器店でのエレキベースの購入を検討されている方は、

ぜひストラップの試着をさせてもらってはいかがでしょうか?

 

ちなみに、付属のソフトケースにも、

しっかりと、クール爺のロゴが刻まれていました。

 

***

 

追記

これを購入して、3ヶ月間、

ひもをくくりつけるやりかたで

ヘッド落ちに耐えて弾いていましたが、

 

このやり方だと、1フレットや2フレットなど、

ボディーから遠いフレットを押さえる時、

手首が痛いことに気づいて、

あと、不安定なので、

バランスを崩していつベースが足の甲に落下するかもわからないし、

ついに耐えきれなくなって、

2014-06-18 11.43.48

↑ストラップを持って、

島村楽器では無い楽器屋さんへ

やっぱり有名なフェンダーにしよう!と意気込んで行ったのですが、

またしても、

(初心者の私が、ですが)聞いたことのない

メーカーのベースを購入してしまいました…。

 

ちなみに、このヘッド落ちCoolZはその後どうなったかというと…

2014-06-26 22.58.07 のコピー

リサイクルショップで9000円になりました。

 

本来なら売ったりせずに、

廃棄処分すべきだったかもしれないのですが、

売ってしまいました。

ヘッド落ちなのに9000円で買い取っていただいてしまった…。

なにか悪いことをしたかのような気分でした。

 

いや!きっと、

「ヘッド落ちすることも受け入れてくれた上での、

9000円という評価」だったんだ。

買い取りのプロが、9000円とジャッジしたんだ。

だからわたしは悪くない!そうだ!悪くない!

 

7万円で買ったヘッド落ちCoolZを、

3ヶ月後、ケースと保証書付きで売ったら、9000円になった、

ただそれだけや!

 

こんな感じで、

CoolZに限らず、ヘッド落ちする(と初心者の私が感じた)ベースは、

いたるところで売られている、と感じたので、

購入前のストラップの試着を、

初心者がいうのもなんですが、

心からおすすめします。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.