デロンギの、コンベクションオーブン(EO420J-WS)を使ってみた!

あなたは、自炊は好きですか?

わたしは、自炊はけっこう好きで、
そのために、
ガス台とフライパン・鍋を買う目的で、
電器屋さんをうろうろしていたところで、
「デロンギのオーブン的なやつで、きのこや鶏胸肉を焼いてみよう」
と考えて、買った。

コンベクションオーブン(EO420J-WS)
(と、無印良品の炊飯器)で自炊する子や!

その結果を、推敲せずにメモしてます。

・さつまいもが、美味しく焼けた

スクリーンショット 2015-04-19 午前10.37.57

スクリーンショット 2015-04-19 午前10.38.32
わたしは、
パッケージに下記名称が印字されたサツマイモ
・鳴門金時(なるときんとき、かな?)
・五郎島金時(ごろうじまきんとき、かな?)

それぞれを焼いた。
両方とも、とても美味しく焼きあがった。
焼き上がったさつまいもを3日間ほど常温保存したけど、
美味しく頂けた。

写真(2015-04-19 午前10.32)

鶏胸肉のかたまりを、そのまま、塩無しで焼いた。

 

スクリーンショット 2015-04-19 午前10.40.28

↑にんじんも、おいしく焼けた。

ちなみに、あとかたづけも、一瞬で終わった。
プレートに油はひかなかったけど、焦げ付かなかった。
美味しかった、

↓ ジャガイモ、ほくほくに、やけた。

↓箸に刺さっているのが、じゃがいも。

写真(2015-04-15 午後1.01)

・たこさんウインナー↓
(ここでの定義:タコっぽくなるように、ウインナーの断面積が最小となるように2つに切り分けた後、それぞれの破片において、断面側からきゅっとなっている端側に向かって*の形で、切断しない程度に切れ目を入れたもの。)

・かにさんウインナー(ここでの定義:甲殻類のカニっぽくになるように、ウインナーの長辺に沿って2つに切って、それぞれの破片において、長辺に沿って両端に3カ所、切断しない程度に切れ目を入れたもの。)

を作ろうと思って、230度で15分焼いたら、こうなった。
スクリーンショット 2015-04-19 午前10.36.12

焼き過ぎた。

スクリーンショット 2015-04-19 午前10.42.13

↑卵焼きと、タマネギ(かどの4つ)は、うまく火が通って、おいしくできた。

↓丸焦げの部分を泣く泣く切り捨てて、焦げなかった部分は、食べた。

ごはんを、隅っこに入れて、梅としそをのせて、

このまま、風呂敷につつんで会社に持っていって、
ある日の弁当とした。

スクリーンショット 2015-04-19 午前10.34.45

*注意です:
この文章を書いた10日後、ガス台と鍋は、
2つで2000円で、もう使わないという知人から買った。

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください