安全靴(aizex)を買ってきた!これで、満員電車に怖くて乗れない要因が一つ減った!

あなたは、満員電車に、なんの苦もなく乗れますか?

 

わたしは、安全靴を持っていなかった今日までは、

満員電車が怖くて、

ホームでは、一番空いている車両を探しつつ戦々恐々としてた。

 

わたしは、先の尖ったものが怖い。

爪の長い人や、傘をブラブラさせている人や、

接地面積の小さいヒール部分を備えた靴を履いている人が、

満員電車で近くに来たら、

 

その爪や、その傘の先や、そのヒールの先を、

私の目や、顔や、足に、

突き刺してくる可能性はゼロじゃない、って考えてしまうから。

 

そういえば、最近、

東京の混雑する場所で、

足の指をハイヒールで踏まれて

骨折した有名人のニュースを見て以来、

さらに怖さが増した。

 

その、

ハイヒールに踏まれて骨折するリスクを減らすために、

今日、ワークマンというお店で、aizexというメーカの安全靴を買ってきた!

安全靴の子や!

2014-12-21 17.42.44

 

2014-12-21 17.41.36

2014-12-20 23.24.21

 

2014-12-20 22.57.22

↑ これを、買ってきた。

足のかかとからつま先までの長さは24.5cmで、幅がEEEサイズらしい。

指先を守る板が、最も大きいもの(広く足を覆ってくれるもの)を買いたい、

とリクエストした。

 

足のかかとからつま先までの長さはぴったりだった。

幅はめっちゃぶかぶかやけど、EEEしかないとのことだっので、これを購入した。

 

「でも、もし、板が入っていない部分に

ハイヒールで攻撃されたら骨折しますよね?」

 

との私の問いに、

 

「この靴は、

つま先に向けて、1mくらいの高さから200kgが落下しても、

指は無傷」と、店員さんがコメントをくれた。

 

板が入っていない部分をハイヒールで攻撃された時は

足が傷つくかもしれない。

でも、安全靴では無い靴よりは、被害を受ける可能性は格段に低い!

 

ちなみに、

わたしが目撃したことがある満員電車内のハイヒールで

最もかかと部の接地面積が小さいと感じたものは、

たぶん、直径1.5cmくらいの円だったと思う。

 

・その面積は、(1,5÷2)(1.5÷2)×3.14=1.76625cm^2(1.76625平方センチメートル)

・その人の体重は、52.5kgと仮定できる。

理由:

2013年度の、

日本人成人女性の平均体重は、約52-から53kgのようなので。

(ちなみに日本人成人女性平均身長は、約158cmらしい。)

 

1.76625cm^2 の小さい面積に、

52.5kg が乗っかる危険があるのか。

…その破壊力(圧力)を算出してみる。

 

圧力(N/m^2)=力の大きさ(N)÷力を受ける面積 なので、

やばい、忘れてしまっている…!!!

めっちゃすみません。

 

…よし!

いったん、ここは、「骨折させるほどの破壊力」

としよう。

 

 

…この骨折リスクを最小限にするために、

とりあえず安全靴をはくんだ。



私が買った安全靴、これが、ひもを上までしばった様子 ↓

2014-12-20 22.57.22

ひもが余っているので、一番上で一回後ろに回してから、

前でリボン結びをしています。

わたしは、足の幅がCとD

(ちなみに:A<B<C<D<E<EE<EEE の順で大きくなるらしい)

で、細くて、甲も低い(薄い)ので、

この縛り具合でも、足が中で動きます。

なので、明日にでも、中敷を装備する予定。

 

これが、安全靴を脱いだ後、放置しておく時の様子 ↓

2014-12-20 22.36.45

2014-12-20 22.38.51

途中までほどいたひもは、また履くときすぐほどけるように、

そろえてしばってまとめた。

 

中のタブ?が、いっぱい余って、ごわごわする気がする。 ↓

でもこういう仕様なのかも。→ 仕様だった様子。次の日、なじんでくれた。

2014-12-20 22.57.44

 

後ろから見た様子 ↓

2014-12-20 22.58.37

 

横から見た様子 ↓

2014-12-20 22.58.55

 

斜め後ろから見た様子 ↓

2014-12-20 22.59.15

 

ちなみに、ここで少し話がそれますが、

これが、足幅CとDの私が、普段履いている靴(ピカンテ)です ↓

2014-12-20 23.02.26

わたしは、この靴のひもを、

両側の羽がくっつくくらいしばりあげて、やっと足が動かずに履けます。

(↑ 写真は見栄えを普通にするためにすこしゆるくしばってます。)

 

ピカンテはヒールが1cmくらいだから、

この安全靴(写真右)のヒールは、2cmよりすこし高いくらいかなあ? ↓

2014-12-20 23.03.51

ちなみに…

この安全靴、1時間くらい歩いただけで、

足の裏が、少し痛くなった。

これも、中時期を入れるもう一つの理由

(もう一つは、既述の、ぶかぶか回避という理由)

(ピカンテも底がカチカチなんやけど、

そっちは中敷きが入るスペースは無い)

 

あと、ピカンテと安全靴の違いで、

↓ ピカンテは底がすべすべ。

2014-12-20 23.04.43

 

↓ 安全靴には、でこぼこした、安全そうな滑り止めっぽいみぞがある!

2014-12-20 23.04.55

3日前くらいに、都会のここも雪が薄く積もったし、

良い時期に買ったかも!

 

今日は、ピカンテを履いてワークマン(WORKMAN)まで行って、

2014-12-20 23.06.03

帰りは、この袋 ↑ にピカンテのほうを入れ、手に持って、

私の足にはもちろん、安全靴aizexを履かせて、

電車に乗った。

 

通勤時のような満員電車ではなかったけれど、ままあ混んでいて、

ヒールの人も居た。

土曜の夜で、私には苦手な、騒がしい感じだった。

でも、安全靴のおかげで、いつもより格段に心強かった!

ありがとう安全靴aizex!

 

あと、背が高くなったような気がした。

1cmや2cm、普段より高いだけで、視界はけっこう違うことに気づいた。

 

…あなたは、

安全靴を履かなくても電車に乗るのは怖くないですか?

 

***

 

2014/12/21  追記:

中敷き的な何かを買うため、

ホームセンターに行ってきた。

2014-12-21 17.58.24

ジョイントマットという、

30cm × 30cm くらいの、5mmくらいの厚さの、

2014-12-21 21.27.59

↑ 絵にすると、こんなやつ。

同じ形のを何枚かつなぎあわせて、

じゅうたんみたいに、床に敷いたりできるやつ。

一番少量サイズで、8枚入り・400円くらいだった。

 

わたしが行ったホームセンターでは、

工具を借りて、自分で加工できるスペースがあった。

 

安全靴の中敷きとなる運命のジョイントマットを買った後、

 

お店の人に、

「このマットを、足のかたちに、なぞって切りたいんです」

と、借りる工具の用途を説明したら、

鉛筆と油性ペンとはさみを借してくれた。

その後、加工場に行った。

 

そして、安全靴を履くときにいつも履くつもりの

↓ この靴下を履いて、

2014-12-21 19.08.47

 

そのうえから、↓ この、テニス用の少し厚い靴下を履いた。

2014-12-21 19.08.19

 

その足を、ジョイントマットの上に置いて、

油性ペンで足のふちをなぞった。

 

* ちなみに靴下は、洗いたてのきれいなものを持参して、

その場で履いた。

しかも、私の足に、水虫やイボ等の病気は一切無い。

足のにおいも、無い。

いつ誰からにおいを嗅がれても、

何の抵抗も無く素足を差し出せるくらい、

無臭の自信があるので、

工具に、足の病原菌やにおいがつく可能性は無い。

 

1時間半くらいかけて、いっぱい切って、いっぱい作った。

普通の防寒手袋を持っていっていたので、

それをはめて、はさみを使った。

たぶん、素手だったら痛くなっていたと思う。

 

(片足をたくさん作ってしまったという失敗が無ければ、

たぶん30分ほどで終わっていたはず…

ジョイントマットは、表と裏の質感が違うから。)

 

安全靴の中に入れて履いて帰ってきたのは、これ ↓

2014-12-21 19.15.07

でも、↑ 左足が、ほとんどわからないけど、

履いて帰ってくる途中で、「なんか小さいなー」

と思ってしまったので、

 

もう1セット作って持って帰ってきた、

これに入れ替えることにした ↓

2014-12-21 19.09.36

 

ほら、ちょっと大きい。

2014-12-21 19.16.13

2014-12-21 19.18.52

茶色のほうに入れ替えた後、

手を入れて、中敷きの、つま先部分を触ってみると、

すきまが、まだ、2cmくらいあるのが分かった。

 

…実は、今回、この中敷き、めっちゃ急いで作ったんだ。

 

そのホームセンターの加工場は、

1m × 2m くらいの面の作業台が一つで、

わたしが入った時は一人だったから、

台の上で作業していたけど、

 

10分ほどしたら、

めっちゃ人が来て、おしあいへしあいの状態になって、

何かをノコギリで切る等、

わたしよりも作業台が必要っぽい人も来ていたので、

わたしは、作業台を離れて、スペース内の隅で作業していた。

 

その隅のスペースが…

たぶん当たり前なのだろうけど、

木の粉が、床にかばんを置けないくらい積もっていた。

 

服に、木の粉がたくさんついた。

服は、帰宅後すぐ洗った。

あと、洗濯機に入れるまえは、しっかり払った。

とげがついていたら、ほかの洗濯物にもついて、怖いから。

 

あと、加工場では、

目もかゆくなって、呼吸も苦しくなった。

たぶん、木の粉が、舞っていた。

 

…もし、カビの付着した木を切ったときに出た粉が落ちていて、

それを吸い込むと、

「はなたけ」という、鼻の中にできものが出来る病気になることがある。

 

おがくずだらけの環境で働いていて、

鼻水がとまらなくなったという知人も、いる。

 

それを知っていた私は、

一刻も早く切り上げて、この場を後にしよう、と奮闘した。

つぎ行く時は、ゴーグルとマスクを持参しようと心に決めつつ。

 

でも、最後に、

ジョイントマットから中敷きを切り出した後の

 

切れ端と、使わなかったマットも、

「(加工場内に設けられていた、ごみのスペースに)

置いて行ってOK」

 

と店員さんが言ってくれたので、

身軽で帰ることが出来て、よかった。

(ほかの人も、木の破片とか、包装用のビニールとかを、

ゴミとして置いて帰っていたっぽい。)

 

…そのホームセンターは、チェーン店なので、

つぎ行く時は、もっと空いてそうな、もっと郊外の店舗にしようかな。

それか、朝イチだったら空いていたかも。

わたしは午後2時に行ったから…。

 

…これを書いている今も、鼻水がとまらなくて、目がかゆい。

 

でも、はさみを貸してくれることは、

ありがたいサービスだった。

 

…今、わたしの家に、はさみは、無いから。

 

2014/12/23追記

 

上記中敷きを装備した安全靴だったけど、

かかとが小さいわたしの足には、

ジョイントマットの厚みだけでは、

この安全靴のかかとの大きさ(EEEだからかな?)

には、耐えられなかった。

 

一日歩いたら、靴ずれができた。

(ふだんなら歩いているであろう近距離移動でも、

わざわざバスとかをつかっても、できた。)

 

 

100均一ショップに、

男性用足長インソール24-28cm対応用

(かかとのほうが1cmくらいで、つま先のほうが2mmくらいの中敷き)

 

というのが売られていた。

これは、かかとのほうが、

わたしが作った中敷きより、厚かった。

 

なので、これを、家にあったはさみでは無い刃物で、

なんとか切りながらむしって(はさになら簡単に出来る)

 

これに入れ替えた。

 

そしたら、かかとの靴ずれはすこしラクになった。

 

それでもまだ、痛いので、

もう、

きのうつくった、ジョイントマットの中敷きも、

 

そのインソールの下に入れて履いた。

 

そしたら、さすがに、足が入らないほど厚い底になった。

 

なので、

 

作ったジョイントマットのほうは、

かかとから8cmくらいにカットして、

 

それを、今回買った100均のインソールの下に、いれた。

インソール摩擦係数が高そうなほう(もけもけしてるほうの面)を地面側にして、

その下に入れたジョイントマットのほうは、摩擦係数が高そうなほうを空側にして、

 

履いたら、

 

靴ずれ箇所のだぶつきがなくなった!わーい!

 

これで今日一日歩いてみる!

 

ふくらはぎに、かぶれが出来てしまった…

ブーツの上ぶちが当たる部分が赤くなった。

 

iphoneから写真が送れないよう。

 

sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す